お客様の声に耳を傾けよう

レビューを見ていないようでしたらとても勿体無いことをしています。なぜならレビューには様々なお客様からのご要望、改善へのヒントが溢れています。商品レビューは匿名に近い状態で投稿されるので、より本音に近い言葉が多い傾向にあります。

商品改善のヒント

「もっと〜だったらより良い」
「〜がついていたら完璧」
「ここがダメだった」
「品質があまり良くない」
このようなレビューは次回の商品バイイングの際にメーカーなどに要望を伝える際の材料になりますね。改善の余地のある情報は今後よくしていくための貴重な意見です。

商品説明文改善のヒント

「大満足」
「この商品の〜なところが良かった」
というレビューは、ただ喜ぶだけでなく、商品説明などに「〜なところが喜ばれています」などと追加することで、転換率の向上に貢献するかもしれません。

検索キーワード改善のヒント

「〜なところが良さそうだったので選びました」
「〜のこういう商品を使っていたけど、試しに買って見た」
など、検索キーワードを入れるときに参考になるレビューも見つけられたりまさに宝の山です。

他店舗のレビュー見ていますか?

自店舗のレビューは見ている方でも他店舗のレビューまで見ている方は少ないのではないでしょうか?他店舗のレビューを見ることはライバル店舗の調査や新商品を仕入れる際などの情報として活用できます。

ライバルとしての視点で見る

ここのこういうところが自店より優れているので、次回は他店舗より良く改善しようなど、より良い商品づくりに活用できます。

サービス改善のヒント

「〜なサービスがとてもよかった」など、店舗のサービスについてのレビューが書かれていることがあります。自社のサービスを改善するために他店のサービスを見て見ることはとても重要だと思います。

自店のレビューが少ない時は他店のレビューでシミュレーションしましょう

ネットショップ立ち上げの初期段階では自店舗のレビューはなかなか増えません。何も対策をしなければレビューを書いてくれるお客様は数パーセントだからです。

そのために同他店舗のレビューを見てシミュレーションすることはとても重要になります。似たような商品を検索することで検索力も上がりますし、色々な店舗を見ることで売り上げアップ施作も浮かびやすくなります。

店舗レビューはサービスの改善のヒント

最後に余裕がある時は自店舗、他店舗共に店舗レビューも見て見ましょう。商品レビューが良い店舗は、店舗レビューも良いことがよくわかると思います。
また、他店舗のサービスに関してお客様が満足している投稿に関しては必ず目を通し、自店舗に活用できることはないのか考えて見ましょう。

  • ネットショップ(ネット通販/EC)で売れないときにまずやるべき3つのこと。
  • 楽天市場「商品画像登録ガイドライン」の判定基準についての説明
  • Photoshopで均等にガイドラインを引く方法
  • ネットショップ(ネット通販/EC)成功のコツ。物の価値はどうやって決まるのか?
  • 現在の自店の位置から売上アップの可能性を見つける方法
  • 未来の売り上げのために大切な商品説明文の記入方法