楽天市場の検索対策で当たり前なのにできていないこと

商品ページに入っていない文字列は検索されない。
これは当たり前のことだができていないことは結構多いです。
まずは商品に関係のあるキーワードは入力する必要があります。
キーワードの数がその商品ページの入り口の広さであるとも言えます。

キーワードをどこに入れるか

楽天市場の場合、どこに入力した文字列を検索対象にしているのか。
検索対象となる箇所にキーワードが入っていなければ、
検索されることは絶対にありません。

買ったら本当に満足していろんな人に紹介してしまいたくなる商品でも、
キーワードが入っていなければネットの世界では存在しないのと同じなんです。

そしてキーワードを入れる際にもどこに重要なワードを入れるのか。
これは重要な部分ですのでしっかりと覚えておきましょう。

強 商品名
中 商品説明文
弱 販売説明文
弱 キャッチコピー
弱 店舗名

2017/10現在

楽天検索結果の順位

検索対象となるワードが入っている商品に対しての順位付けを行うにあたって有力な情報です。

より良い商品や、
お客様を満足させる商品を上位に表示することで、
結果的に楽天市場全体の流通額が上がります。
それを踏まえると、

一定期間の商品の売り上げ
レビューの点数と数
ポイント率
送料無料
商品ページの更新頻度

などが考えられます。

また、楽天市場が推進している、
ポイントの付与、送料無料などに関しては
楽天市場は優遇したくなる可能性があります。

このように楽天市場側の考えを持つことで
色々な対策の糸口が見えてくるのではないでしょうか。

今後商品ページやキーワードの改善を行う際には、
一旦「これをやることによってお客様の役に立つのか?」
ということを考えるようにしてみてください。

本当に役に立つ情報や商品を提供できた結果検索結果も向上し、
商品はより多くのお客様の手に渡ることでしょう。

次回からいよいよ検索対策に入っていきます。

  • ネットショップ(ネット通販/EC)で売れないときにまずやるべき3つのこと。
  • 楽天市場「商品画像登録ガイドライン」の判定基準についての説明
  • Photoshopで均等にガイドラインを引く方法
  • ネットショップ(ネット通販/EC)成功のコツ。物の価値はどうやって決まるのか?
  • 現在の自店の位置から売上アップの可能性を見つける方法
  • 未来の売り上げのために大切な商品説明文の記入方法