現在の検索順位を知ることで売上アップの可能性を見つける方法

自店で売れている商品が、重要ワードの検索順位でどの位置にいるのかを把握することはとても重要です。
売れているのに検索結果がとても低ければ、2つの仮説が立てられます。

1.検索結果が上がればさらに売れる可能性がある。
2.そのキーワードはあまり重要ではない。

簡単に重要ワードかを判別する方法としては、「R-Datatool アクセス分析」>「検索キーワード」でアクセスがあるワードに入っていれば、重要ワードである可能性は高いと言えます。
そして、重要ワードにおいて検索順位がさほど高くないけれども、売れている場合は検索順位の向上により、売り上げを上げることができる可能性があります。

売上の公式においては「アクセス数」を上げるということになります。

ランキングを見ることで売上アップの可能性を見る方法

楽天ランキングを毎日眺めていると、大体の売れ筋商品が分かります。
その中に自店で取り扱っている商品と似たようなものはないでしょうか。もしあれば、自店舗の商品も同じように売れる可能性はあります。

ただし、注意しなければならないのは、売り上げの公式においてどの要素で売れているのかを分析しなければいけないということです。

広告を使うことにより大規模な集客を行っている。
多くの顧客リストを持っており、商品を紹介することができる。
検索順位が高く、アクセス数が多い。
ブログや芸能人に紹介された。
などなど

どうやって売れるかを探る方法は難しく、中級レベル以上のお話になりますので、また、別の機会にお話しさせていただきます。
まずは、売れる可能性があるかどうかという点に着目しましょう。

商品ページの比較をして売上アップ可能性を見る方法

競合他店舗の商品ページや、同じ検索キーワードで検索結果に表示される商品のページをチェックして、より改善できる要素を見つけることができれば、自店舗の商品も売り上げが上がる可能性があります。

売上の公式においては「転換率(成約率)」を上げるということになります。

このように様々な可能性を見つけ、売上の公式にのっとって具体的な施策に落とし込んでいくことで、売り上げは着実にアップします。
今では大きな売り上げを上げている店舗でも、コツコツと積み重ねてきたからこそ、今の売り上げがあることを忘れないでくださいね。

  • ネットショップ(ネット通販/EC)成功のコツ。物の価値はどうやって決まるのか?
  • 現在の自店の位置から売上アップの可能性を見つける方法
  • ネットショップ(ネット通販/EC)のための検索対策(SEO)とは?
  • 楽天市場の検索アルゴリズムが常に変わる理由
  • 1-2.楽天市場検索対策(SEO)の基本的な考え方
  • 多くの出店者にとって楽天市場広告は効果が少ない理由