ある日突然届いた、JALのCRYSTALカード

昨年、JALから赤いカードが届きました。

 

 

 

なんだこれはといろいろと調べてみると、JALには搭乗ごとに付与されるポイント、または搭乗回数により、会員のステータスを変更するサービスがあり、そのステータスは4段階あるとのこと。

DIAMOND

PREMIER

SAPPHIRE

CRYSTAL

となっていて、CRYSTALは1番下の会員資格でした。

どのような特典があるのかというと、CRYSTALの場合は、羽田発限定で国内線のサクララウンジが使えるというだけ。

調べていくうちに、ポイントを稼ぐために飛行に乗る修行というものが存在し、全国には修行僧がたくさんいることも判明しました。

周りにもいた修行僧たち

それがわかってから、そういえば友人もそんな話をしていたなと思い、会ったときにいろいろと聞いてみるとなかなか奥が深い。

たまたま、出張が多くCRYSTALになれたので翌年はもう1ランク上げてみようと、私も修行の道を選びました。SAPPHIRE以上になると保安検査場が別ルートとなり、混んでいるときも、待たずに通過できるというのが魅力的でした。

仕入れなどで海外に行く際も提携の航空会社などでも優待が受けられるとのことですので、是非とも取っておきたいステータスです。

ということで目指すことにしました最高ランクの「DIAMOND」。

11月末の時点で28,000FOP

DIAMONDを目指すには、1月~12月の間に100,000FOP稼ぐことが必要です。修行のことを知ったのが、昨年後半戦だったので普通に搭乗して28,000FOPしかありませんでした。僕がよく乗る路線の山口宇部⇔羽田区間で片道1,200FOP貯まります。

12月前半は出張が多く、飛行機にあまり乗れません。残りの半月で70,000FOPをためるにはどうすればよいか。

調べたところ、CRYSTALの特典で指定した1か月の間だけ、FOPの獲得が2倍になるキャンペーンがあったので活用してみることに。さらに修行の聖地と呼ばれる那覇⇔羽田だと片道約1,700FOP。2倍キャンペーンで約3,500FOPになるとのことで、那覇⇔羽田を必要なだけ乗ることにしました。

なぜ修行といわれるのかがわかった気がする

半月で那覇⇔羽田を10往復。何も考えず、予約をしました。あとは乗るだけ。

1日2往復の時もありましたが、ただ飛行機に乗って仕事でもしてればいいやと思っていましたが、これがなかなか疲れます。体には結構な負担がかかっているんでしょうね。皆さんが修行という意味がとてもよくわかりました。

修業期間中に鬼滅の刃、キングダムなどなど、キンドルで購入した漫画たちは読破しました。

そして12月31日の大晦日ですが、計算ミスによりポイントが若干足りなかったため、那覇⇔羽田に搭乗して無事に翌年1月2日に会員ランクがDIAMONDになっていることを確認しました。

 

 

 

2020年は海外にも仕入れなど行く予定ですので、どのような優待が受けられるのか試してみたいと思います。

※コロナの影響で2020年はなかなか飛行に乗れなそうですが、2021年まで会員資格が延長されることが決定しましたので一安心です。

趣味の関連記事
  • JAL修行!ダイヤモンド
    JALグローバルクラブの修行