楽天SEO対策の流れ

順番を間違えると効率が悪くなりますので、まずは全体的な流れを把握してください。

1.関連性のあるキーワードを探し出す

キーワードは多ければ多いほど、検索される可能性は増えますが、関係ないキーワードを入れてしまうと逆にペナルティなどを受け、検索に表示されないようにされてしまう可能性があります。そうならないためにも、関連性のあるキーワードをより多く探す方法を解説します。できるだけ多くの関連するワードを見つけて、検索結果の上位を目指すことが目標です。

2.探し出したキーワードを記入する

せっかく見つけたキーワードも記入の仕方次第では無駄になってしまう可能性があります。そうならないためにも、キーワードを記入する際にどこにどのように記入するのがより良いのかなど、キーワードを商品ページに記入する方法を解説します。

3.タグIDを入力する

商品ページ登録の際にタグIDという入力欄があるのはご存じでしょうか?こちらは商品ジャンルごとに色柄や、仕様などで絞り込むボタンなどに直結しているので、チャンスを逃さないように入力できるものは漏らさないように入力する方法を解説します。

4.サムネイル画像を改善する

2017/10以降、検索結果の表示がサムネイル画像メインで、キャッチコピーや商品名は検索結果にほとんど表示されなくなりました。サムネイル画像の重要性が高まっています。検索結果に表示された際に、よりクリックされやすい画像とは何か。興味を持ってもらって、きちんと購入に繋がるサムネイル画像を理解していただいて、効果的なサムネイル画像を作成する方法を解説します。

  • ネットショップ(ネット通販/EC)で売れないときにまずやるべき3つのこと。
  • 楽天市場「商品画像登録ガイドライン」の判定基準についての説明
  • Photoshopで均等にガイドラインを引く方法
  • ネットショップ(ネット通販/EC)成功のコツ。物の価値はどうやって決まるのか?
  • 現在の自店の位置から売上アップの可能性を見つける方法
  • 未来の売り上げのために大切な商品説明文の記入方法